スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暇潰しをする前に

今回から本気で暇潰しをする為に書き散らして行く。


まず始めにやるべきは、自分のトレードスタイル・ライフサイクルをはっきりさせる事。

あくまでも、暇潰しは本命のトレードを効率的にする為の一手段である。
時間を忘れて遊び倒した結果、エントリー・決済に乗り遅れたら洒落じゃ済まない。
まして、食事・睡眠に影響するなど以ての外だ(これはトレードにも言える事だが)。

専業トレーダーは個人事業主だと忘れてはならない。
全ての行動を事前にスケジューリングし、無理なく確実に利益を上げる必要がある。
ライフサイクルの隙間にトレード時間を割り当て、
継ぎ目に生じた小さな穴を埋める様に暇潰しをこなす。
この基本原則は絶対に守るべきだ。


それでは内容に踏み込み、トレードスタイルについて考えて行く。
基本的にトレードは、
長期のスウィング・短期のデイトレ・より小刻みなスキャルピングの三つに分けられる。
投資家はこの中から自分に合ったタイプを選択し、
トレードルールを組み立てなければならない。

技術論は置いておくとして、それぞれの特徴は以下の通り。

スウィング:余程早くトレンドが折れない限り、数週間から数か月に渡る。
デイトレ:フェイクに掛からない限り数時間から一日の間。偶に日を跨ぐ事もある。
スキャルピング;時間足によって変わって来るが、大抵一時間前後で片が付く。

スウィングは一日に数回チェックするだけなので、時間的な余裕がある。
このタイプのみに徹するなら兼業も可能であり、寧ろ暇潰しの必要性が低い。
次にデイトレは、トレンド次第で分刻みになる事がある。
一方で閑散期は数時間程持て余すケースも。
最後にスキャルピングは画面と睨めっこになりがち。
トレード時間を設定しないと心身共に厳しい。

上記中、暇潰しが最も重要になるのはデイトレだろう。
大抵数分から十数分毎にチャートを見る事になり、
この間にある程度の緊張感を保って機会を伺う為だ。
実際、管理人もデイトレ派なので暇潰しの効果を実感している。

よって、当ブログではこの期間の暇潰しについて重点的に記述する予定。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。