スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暇潰し3 纏まった時間が出来た時

トレードルールが固まると、
トレードをすべき時とそうでない時がはっきりする。
つまり、ルールに合致しない静観時間が生まれる事がある。
この間は、例え爆発的な勢いになろうとトレードしてはいけない。
何故ならトレードルールは絶対に守らなければならないからだ。

徳川家康風に言うなら「鳴くまで待とう」となるが、
この際のメンタルコントロールについては後述とする。
今回は暇潰しカテゴリーなので、
長い猶予時間をどう過ごすかについて触れて行きたい。


・最優先は買い物

此処では、専業トレーダーかつ一人暮らしをモデルとする。
その場合真っ先に着手すべきは、買い物だろう。
家事全般は小刻みに消化する事が出来るが、
買い物だけはある程度の時間が必要になる。
恐らく生活雑貨は週末に買い込んでいる筈だが、
食材や急遽入用になる物は都度都度の購入を強いられる。
特に生活圏内から遠方にある店に出掛ける時がこれに該当する。

スキャルピングトレーダーは兎も角、
デイトレーダーに取って空き時間は無駄に出来ない。
日々メモを取る事を心掛けて、買い忘れを避けなければいけない。

・健康も大事

デイトレーダーの場合、トレードが日を跨ぐ事も珍しくない。
安定して睡眠時間を確保出来ない為、
眠れる時に寝て置かないと体力が持たない。
数時間程度の空きがあるなら、前日の疲労を回復したい。

また、運動不足を解消する為に長時間のスポーツをしても良い。
定期的に身体を動かさないと、生活習慣病に罹るリスクが増す。
太陽に当たって汗を流す事が理想である。

・時には遊びも必要

言うまでもなく、投資の成否はメンタルの比重が大きい。
家に籠もりがちなトレーダーも、
偶には外でアクティブに動いた方が良い。
レジャーを楽しむも、飲みに行くのも自由だ。
仮に値が張ったとしても、心が休まるなら安い投資だろう。


以上挙げた例の他にも出来る事はある。
限りある時間を有効活用し、安定した投資環境を整えて行きたい。

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。